[オーストリア]サミクラウス Samichlaus

[オーストリア]サミクラウス Samichlaus

[オーストリア]サミクラウス Samichlaus
アマゾン詳細ページ
このビールをみんなで評価!
(1投票,平均値/最大値:5.00/5)
Loading...
»レビューを書く
ブランド サミクラウス
ABC表記 Samichlaus
発酵種別 ラガー
色合い アンバー
アルコール 14%
カロリー 420
製造会社 シュロス・エッゲンベルク
主製造国 オーストリア

このビールについての詳細

サミクラウスの一番の特徴は、かつてギネス記録にもなった、ビールとは思えないほど高い14%というアルコール度数である。池袋東武のビールコーナーで見つけその場で購入した。14%のアルコールが気になり買わずに帰ることはできなかった。

味は甘味があり色合いは赤みがかったアンバー。その甘味のせいかアルコールが多いわりにはとても飲みやすい。アルコールが高いのでビールを飲みながらもウィスキーを飲んでいると錯覚してしまいそうなほど。

サンタクロースという名のクリスマスビール

サミクラウスという名前はスイスドイツ語でサンタクロースを意味する言葉で、クリスマスビールと言うべき製品である。ビールの製造も元来オーストリアではなくスイスのチューリヒにあるヒューリマン醸造所で行われていた。ヒューリマンの創業者であるアルバート・ヒューリマンは酵母の科学的権威であり同醸造所は長い酵母研究の歴史を持っていた。

サミクラウスクリスマスビールは1979年に初めて醸造され翌80年に発売。その後も製造は毎年続くが97年に醸造所は閉鎖された。その後2000年にサミクラウスは復活するが、これ以降はスイスのヒューリマン醸造所ではなく、オーストリアのシュロスエッゲンバーグがヒューリマン技術者達の協力を得てオリジナルレシピのサミクラウス・クリスマスビールを再現することになった。

サミクラウス・クリスマスビールの醸造は年に一度だけ、12月6日セント・ニコラスの日に行われ、バーバリアン・ドッペルボックと呼ばれるスタイルに属する。さらにサミクラウスはボトル詰めの前に低温貯蔵で10ヶ月以上長期発酵させるのが伝統的な製造方法。その結果ビール内の糖分は、ほぼ残らずアルコールに変換されるためアルコール濃度が高い。

ビールイメージ画像

  • [オーストリア]サミクラウス Samichlaus
  • [オーストリア]サミクラウス Samichlaus
  • [オーストリア]サミクラウス Samichlaus
  • [オーストリア]サミクラウス Samichlaus
  • [オーストリア]サミクラウス Samichlaus

おいしいビールを味わう!



コメントを残す